|神奈川県川崎市宮前区東有馬|整形外科|SOL整形外科スポーツクリニック

PRP療法

当院の再生医療

再生医療とは
近年注目されている再生医療とは、ケガや病気で失った機能を従来の医療ではなく、加工した細胞や組織・血液等を用いてヒトにもともと備わっている修復能力を増大させて治療する方法です。
整形外科分野では、再生医療は組織や血液のような「体細胞」を使用した治療法や、体細胞に変化する前の「幹細胞」を用いた方法が進んできました。体細胞治療では、血液を用いた例として患者さんご自身の血液を濃縮加工して修復能力が高くなった血小板を作製し患部に注入することで、変形性関節症などの関節痛や炎症を抑えたり、スポーツ選手などに起こりやすい筋肉や靭帯損傷の改善が行われています。また幹細胞治療では間葉系幹細胞等を用いて骨折や関節軟骨を再生させる試みが始まっています。
再生医療の整形外科領域における治療効果につきましては国内の歴史が浅いこともあってデータに乏しいため個人差があるものとお考え下さい。それでも「従来の治療方法では改善されない」、「手術に躊躇している」等でお悩みの方にとっては保存療法と手術療法の中間的位置付けとして重要な選択肢のひとつになると思われます。

PRP(Platelet Rich Plasma)療法

PRP療法は、「早期治癒」や「痛みを軽減」させる効果が期待できる治療法です。
PRP(Platelet Rich Plasma)療法は、多血小板血漿療法と言われ、患者様ご自身の血液を専用キットにて採血し、それを遠心分離することにより損傷した組織を修復する役目のある血小板を濃縮したPRP液を精製します。
このPRPから放出される成長因子に組織を修復・活性化させる働きがあるため、痛みや炎症を抑制する効果が期待できます。

PRP療法の適応疾患

PRP療法の適応疾患
PRP療法は、さまざまな怪我や病気の治療、歯科治療、また美容医療などにも用いられています。
整形外科においては変形性膝関節症(中年から高齢者の膝の痛み)・関節炎などの一般的な疾病や、スポーツによる腱炎や靭帯損傷(野球肘・野球肩・アキレス腱炎など) や肉離れなどに対してPRP療法を行います。
リハビリを長期間行っても効果がなかった場合にも効果が認められています。

具体的な疾病

  • 野球肘、野球肩、テニス肘(外側上顆炎)
  • ジャンパー膝(膝蓋腱炎)
  • アキレス腱炎、肉離れなどの筋挫傷、肩腱板炎
  • 変形性膝関節症

PRP療法の治療の流れ

診察(初回)
再生医療申込書により受付を致します。
問診、検査(血液、尿、MRI等の画像)、病歴等を確認し、治療部位の治療前評価を行います。
同意書を発行しますので、ご記入のうえ治療当日にご持参下さい。
治療当日
まず治療内容を説明致します。同意書をご提出ください。治療日の標準的な所要時間は、約1時間30分です。
PRP作製のため血液を採取します。(所要時間約3分。採取量は使用するキットにより異なります)
PRPの作製および抽出を行います。(所要時間約30分~35分)その後、 PRPを治療部位に注入致します。
最後に、今後のスケジュール等を説明を致します。
※除外基準に該当するの場合は治療を中止致します。
治療後1カ月、3カ月、6カ月のフォローアップ
問診、経過時点の評価等を行います。
※治療部位の改善状況の把握並びに厚生労働省への定期報告が必要となりますのでご協力をお願い致します。

費用について

PRP治療は保険診療の対応外となっておりますので自費診療となります。
LP-PRP(ACP)療法 40,000円(税抜き)
LR-PRP療法 200,000円(税抜き)

※採血時に全額お支払い頂きます。
※血液検査後、感染症検査で陽性反応が出た場合は治療をお受け頂けません。その際、血液検査費用(11,000円)は返金不可となりますので、あらかじめご了承ください。

PRP療法のメリット・デメリット

治療のメリット
  1. PRP療法は自分自身の血液を利用して組織の再生を促す治療法のため、感染症やアレルギー反応等がなく、繰り返し治療を受けることができ、安全性が高い。
  2. 施術の際にメスを使用しないので、身体への負担が少なく、治療後から普段の生活が可能。
  3. 何度でも受けることができる。
  4. 関節、筋、腱、骨など、大半の部位に適用可能
  5. 日帰りでの治療が可能。

治療のデメリット
実施後の数日間、痛みや腫れ・熱感・発赤などを伴うことがあります。ただし、これらの症状は一過性で数日かかる場合もありますが徐々に改善していきます。症状の軽減には患部を冷やすこと(アイシング)が有効です。
一部の方は治療を受けることができません。詳しくは下記をご覧ください。
適応除外項目
お体の状態によっては、PRP療法を実施できない場合があります。心当たりのある項目をチェックしてみましょう。
  • がんと診断を受けたことがある
  • 抗がん剤、生物学的製剤または免疫抑制剤を使用している
  • 患部に細菌感染を伴っている
  • 心疾患、肺疾患、肝疾患、腎疾患、出血傾向、血液疾患、コントロール不良な糖尿病および高血圧症等を有する
  • 剤過敏症の既往歴がある
  • 血液感染症を患っている
  • 血液検査の結果、血小板数の異常がある
  • ステロイド剤を服用している

PRP-FD™(PFC-FD™)療法

PRP-FD™療法とは、血小板の働きを利用した関節治療です。
PRP-FD™(PFC-FD™)(血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化)療法とは、患者自身の血小板に含まれる成長因子を活用するバイオセラピーで、関節や筋腱の疾患・損傷に対する注射によるアプローチです。
PFC-FD™は、血小板の力を活用する治療法であり、血小板由来成長因子濃縮液を凍結乾燥保存したものの商品名・サービス名となります。「PFC-FD」は、セルソースがPlatelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dryという造語の頭文字から名付けました。
PFC-FD™療法は血小板が傷を治す際に放出する”成長因子”の働きを活用し、人体がもともと持っている「治癒力」を高める治療法です。
ゴルフのタイガー・ウッズ選手や、野球では大谷翔平選手が怪我の改善に活用したことで話題になった再生医療「PRP(多血小板血漿)療法」がありますが、PFC-FD™療法はそのPRP療法を応用した技術になります。
現在ではPRP同様に関節症や、関節周囲の靭帯や軟部組織の治療に活用が始まっています。
PRP療法とPFC-FD™療法の違い
PRPは自己血液を遠心分離して得られる血小板が多量に含まれた液体(多血小板血漿)のことですが、PFC-FD™は自己血液からこのPRPから成長因子を取り出して凍結乾燥(フリーズドライ)したものです。血小板に含まれる成長因子には、PDGF、FGF、EGF、VEGF、TGF-βなどがあり(*1)、これらの成長因子を注射することで、体内(患部)で組織治癒や炎症抑制に寄与することが期待されています。

PRP-FD™(PFC-FD™)療法の特長・適応疾患

PRP-FD™(PFC-FD™)療法の特長
  1. 成長因子の総量がPRP療法の約2倍(※TGF-β)
  2. 注射後の痛みがPRP療法より少ない
  3. フリーズドライ加工(FD)するため、6ヶ月間保存可能(※PRP療法は採血当日)
PFC-FD™療法で改善が期待できる疾患
PRP療法と効用は同じです。
※PFC-FD™療法は個人の血小板に含まれる成長因子の働きを活用した治療です。そのため、一般的な薬と違い効果にばらつきがあります。個人の血小板やそれに含まれる成長因子の働きによって効果が変わるので、あまり働きが強くない方の場合には効果が薄かったり、逆に働きが強い方の場合は思ったよりも効果が出ると言ったことが想定される治療になります。

治療の流れ

問診・診察・検査
外来にて問診・診察を行い、現在の症状に対してPRP-FD™(PFC-FD™)療法が適切かどうか判断します。
採血
治療方法やスケジュールにご同意いただけましたら、患者様自身の血液を50mlほど採血します。
採取した血液は厚生労働省の認可を受けている細胞加工センターへ送られます。
生成・分離
採血した血液をチェックし、問題がなければPRPを生成していきます。(約3週間かかります)
治療・施術
PRPを患部に注入していきます。
生成したPFC-FDを注射器により関節に注入します。当日お帰り頂けます。
※注射当日の入浴はお控えください。

費用について

自由診療のため、保険適用外となります。
血液検査費用 11,000円
PFC-FD療法 169,000円
合計 180,000円

※採血時に全額お支払い頂きます。
※血液検査後、感染症検査で陽性反応が出た場合は治療をお受け頂けません。その際、血液検査費用(11,000円)は返金不可となりますので、あらかじめご了承ください。

再生治療をお考えの方へ

リハビリ等で通院中の方は、理学療法士又は医師にご相談下さい。診察で当院へいらっしゃる方は、医師の診察を受けて頂き、治療が適応になるか判断させていただきます。

採用情報採用情報